美白むけ化粧品に含まれている美白成分


cosme09

 

最近の美白用化粧品には、必ずといっていいほど入っている、 美白効果のある成分があります。 その美白効果のある成分とは、 ビタミンCとシステインという成分です。

以前は、色白な美肌になるために必要な成分として、 化粧品には、ビタミンCが主に配合されてきました。 しかし最近では、新たにシステインという成分の肌への美白効果が 広く知られるようなりました。

このシステインも、ビタミンCと共に美白用化粧品、化粧水に 配合されることが多くなった美容成分です。 なぜシステインに美白効果があるかというと、よく知られているように、 メラニン色素はシミやソバカスなど、お肌の黒ずみの元となる成分です。

それが、システインによってメラニン色素の働きを 抑えられる効果があるといわれています。 紫外線が肌などに影響して増えるメラニン色素は シミ、ソバカスを作ります。 これらをシステインは抑制し、無色化します。

この美白効果から、ビタミンCよりもシステインの方が、 よりお肌の美白効果が高いと言われているようです。 そしてシステインの美白効果をうたって作られている 美白用化粧品は、たいていビタミンCも一緒に配合されています。 これは、ビタミンCの美白作用とシステインの美白作用は、 お互いを同時に使うことで効果が向上するからです。

せっかく美白用の化粧品を使うならば、システインとビタミンC、 両方の成分が入っているものを選びましょう。 お肌の美白効果を高めるためには、両方の成分が必要なのです。