化粧水などのスキンケアと水分補給で、透明感のある美白肌になる方法


bihaku_img08

 

白く透き通った肌は日本人女性の憧れです。 化粧水や美容液など様々な化粧品を使って 色白美人になるために努力している方もたくさんいらっしゃいます。

そこで透明感のある白い肌になる方法をご紹介します。 美白には内外両面からの美容効果が必要です。 体の内側からできることは水と栄養です。

毎日水を2リットル飲み、水分代謝を活発にします。 すると老廃物などが排出され新陳代謝が活発になり、 肌のターンオーバーが正常に働くようになります。

古い角質が剥がれ落ち、新しい角質へと変わり、 そのサイクルが早い程透明感のある肌になっていきます。

また、ビタミンCはメラニン色素を還元する力があるので他の栄養とバランスよく摂取すると 美白効果がアップします。

ビタミンなどは加熱処理するとなくなってしまうので、 サプリメントを活用すると効率よく栄養を摂取出来ます。

また、スキンケアではしっかり保湿することが大切です。 それには何よりも洗顔が大切です。 クリームタイプのクレンジングを使ってマッサージするようにメイクをオフします。

毛穴の奥の汚れも落とすことで化粧水や乳液などの美容成分が浸透していきます。 また、洗顔は水分を少なめにして密度の濃い泡を泡立てます。

その泡を顔全体に広げて、そのまま2分くらい置きます。 時間が経ったら洗い流します。洗顔はこれだけで十分です。

これだけのことですが泡の気泡がはじけることで毛穴の汚れを落とし、 ピーリング効果も期待が出来ます。

 

美白や美肌は特別なことをしないといけないのではなく、 日常生活のスキンケアをそのように工夫するかが重要です。