見た目だけではなく肌にとっても大事な美白


bihaku_img19

 

昔は小麦色の肌が健康的で魅力的ともてはやされましたが、 今は美白が重要だと言われています。 それは美しく見えるということ以外にとても重要なことがあるのです。

肌というのは年齢と共に老化現象によって衰えていってしまうのですが、 肌荒れの原因は老化現象だけではないのです。

照りつける太陽光に含まれる紫外線、 この紫外線が肌にとって多大な悪影響を及ぼすことがあるのです。

そもそも、日焼けというのは何故起きるかというと、 太陽光に含まれる紫外線を肌に浴びることによってメラニン色素が沈着して起きます。 何故メラニン色素が沈着するのかというと、 多量の紫外線は人体にとって有害なので紫外線から体を守る防御能力として 日焼けは起きるのです。

この紫外線による肌へのダメージというものは蓄積されていくもので、 若い時は特に問題が無くても年をとってから肌荒れなどの スキントラブルに悩まされることになってしまうのです。

スキントラブルに悩まされてからではもう遅いので、 それを防ぐには若い頃からしっかりと紫外線対策を行なうことが重要です。

一番効果的なのはなるべく強い日差しを浴びないということです。 しかし、夏場ともなるとどうしても強い日差しにさらされることになりますので、 そういった場合には紫外線を防いでくれるUVケア化粧品などを使用することが大事です。

一度ダメージを負ってしまった肌をよみがえらせるのは大変なことです。 後で慌てる事のないようにしっかりと対策するようにしましょう。