美白のために出来ること


bihaku_img06

こんがり焼けた小麦色のお肌が大流行した時代もありました。 しかし、ここ10年くらいずっと美白ブームとなっています。 夏は日に焼けた肌で水着を堂々と着るのが魅力的で、 日焼けオイルでいかにキレイに焼くかを争うのが当たり前でしたが、 時代は変わってきているようです。

キレイにオイルで体を焼くという人よりも、焼かないように日焼け止めを塗って、 肌を守るのが今どきの常識です。 いつでもオールシーズン美白を心がけるのが普通と言われています。 肌を白く美しくする効果がある化粧品を使って、 透明感のある肌を目指すという人も多く、 美白タイプの化粧品が売り上げを伸ばしているといいます。

そして、肌を白く美しく保つには、紫外線を予防するのが一番大切です。 日焼け止めクリームはオールシーズンつけておくのは常識です。 もちろん冬でも、日焼け止め効果のある下地を使用することが大切です。 そして、ターンオーバーを正常化するには、 新陳代謝を高めるということを意識することが大切です。

シャワーだけで終わらさずに、バスタブにゆっくり浸かることで、 血行を促進させて、新陳代謝を高めます。そして、たっぷりの睡眠も大切です。 代謝が高まる時間は睡眠している間とも言われています。 なるべく早めにベットに入り、睡眠をとるようにします。 そして、最近注目されているのが、ハチミツや大豆に含まれているある成分です。 この成分が、肌を白く美しくしていく効果があると話題となっています。